探偵少女アリサの事件簿さらば南武線

Front Cover
幻冬舎, 2021 - 290 pages
勤め先のスーパーをクビになり、地元・武蔵新城で「なんでも屋タチバナ」をはじめた橘良太。最近は名探偵一家の主である綾羅木孝三郎の娘・有紗のお守役を仰せつかっている。しかしこの有紗が曲者で、幼いながら名探偵気取り。実際、推理力は父親をしのぎ、数々の難事件を解決してきた。そんなある日、依頼先に出かけた良太が密室殺人に遭遇してしまい...。溝ノ口&南武線沿線を舞台に凸凹コンビが大活躍!王道のユーモアミステリー、堂々の完結。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information