集中講義!アメリカ現代思想: リベラリズムの冒険

Front Cover
日本放送出版協会, 2008 - 291 pages
格差社会から地域紛争まで、喫緊の課題をどう読み解くか。現実的な社会変革をめざす思想として、近年注目されるアメリカ発のリベラリズム。社会全体の「平等」と個人の「自由」の両立を構想することで、自由をめぐる現代的課題を考察したロールズの正義論からリバタリアニズムにコミュニタリアニズム、ネオコン思想まで。リベラリズムを中心とするアメリカ現代思想のあらましを、時代背景とともに明快に解説し、日本をはじめ現代の思想状況にリベラリズムが与えた影響を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information