震災学入門: 死生観からの社会構想

Front Cover
筑摩書房, 2016 - Disaster victims - 204 pages
東日本大震災によって、災害への対応の常識は完全に覆された。これまでの科学的・客観的な災害対策は、すべて被災者の視点から見直されなければならない。リスク対策、心のケア、コミュニティ再建、巨大防潮堤計画、死者をどう弔うかなど、従来の災害学・災害対策では解決できない諸問題を、弱さの論理に根差す、新たな「震災学」の視点から考え抜く。東北の被災地に密着しつつ、多彩な調査・研究活動を展開してきた気鋭の社会学者が、3・11以後の社会のあり方を構想する。

What people are saying - Write a review

Review: 震災学入門: 死生観からの社会構想 (ちくま新書)

User Review  - fudaidsec - Booklog

369.31||Ka Read full review

Bibliographic information