純粋機械化経済: 頭脳資本主義と日本の没落

Front Cover
日本経済新聞出版社, May 23, 2019 - 488 pages
AI(人工知能)とはいかなる技術で、どこまで人間の知的振る舞いを真似ることができるのか、どのように人類の労働と社会構造を変化させるのか、爆発的な経済成長の始まりとは何か、人々が豊かになるには国家が何をなすべきなのか、日本はどのような運命をたどるのか―。初めて知性を獲得した「機械」が持つ巨大な力の正体を明らかにし、その哲学的な意味や経済的・社会的な影響について多角的に解明する骨太の文明・経済論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information