分析哲学入門

Front Cover
講談社, 2011 - Analysis (Philosophy) - 267 pages
英語圏の国々では現代哲学の主流であり続ける分析哲学。しかし、日本ではその存在感は薄い。その現状が「限りなく号泣状態に近いくらい悲しい」と嘆く著者による、渾身の入門書。「ある」とはどういうこと?「知っている」とは?「心」とは?「物」とは?分析という「理屈」を武器に、そしてユーモアを隠し味に、哲学的思考へとあなたをいざなう快著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information