蜜月と軋み 1972‐

Front Cover
張競, 村田雄二郎
岩波書店, 2016 - China - 346 pages
一九七二年の国交回復を経て八〇年代の日中関係は、歴史認識をめぐる軋轢をはらみながらも蜜月の時代をむかえた。だが天安門事件で良好な関係は暗転し、九〇年代以降悪化しつつある。新しい世紀に入り、世界が多極化し中国が大国化するなかで、作家たちはどのような多様で豊かな未来を託してきたのか。相互理解をもとめ境界を往還する互いのまなざしから、日中関係の現実と可能性を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information