福祉政策の理論と実際: 福祉社会学研究入門

Front Cover
三重野卓, 平岡公一
東信堂, 2005 - 267 pages
少子・高齢化の進展、国家財政の逼迫はじめドラスティックな変動にさらされ、今や日本の福祉システムは崩壊に瀕しつつある。新たな視座のもと福祉の主体・計画・実践の全てを見直し、社会学、社会福祉学、政治学等、諸分野の知見を統合して、危機に立つ福祉政策の再定置をめざす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information