福澤諭吉の思想的格闘: 生と死を超えて

Front Cover
岩波書店, 2020 - Japan - 419 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
近代日本の思想的礎を築いた福澤諭吉。西洋文明との接触、国民国家の構想、自由民権運動と天賦人権論争、そして「老余の半生」の終わりに刊行した渾身の自伝...。一身にして二生を経る激動の時代を生きた福澤は、生涯を通じて何を目指して闘ったのか。天国も死後の生も信じなかった福澤が後世に託したものは何か。福澤の思想的格闘を辿り、その意味を徹底的に追究した労作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information