ロックの歴史

Front Cover
講談社, 2014 - 254 pages
ロックンロールはいかにして「ロック」になったか。イギリスとアメリカが互いの音楽を「洋楽」として受容し、進化、統合させて現在のロックが生まれるまでを明快に説く。ミュージシャンの歴史的位置づけもわかるロックファン必読の書!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information