罪と恐れ: 西欧における罪責意識の歴史/十三世紀から十八世紀

Front Cover
新評論, 2004 - 1196 pages
「恐怖を作り出す文化」は、いかに生産されるか。西欧文明の深層構造を究明する「意識」の歴史学。『恐怖心の歴史』に続く渾身の雄編。アナール派第三世代の重鎮が圧倒的学殖で析出するキリスト教文明圏の集団的心性史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information