予測の技術: 微分・積分と確率・統計でビジネスの未来を読む

Front Cover
Sbクリエイティブ, Mar 15, 2017 - Science - 208 pages
「信じるに値する仮説」を導く

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【学校で習った数学は、ビジネスシーンで、こう役立てる!】

不透明な未来を「予測」することは、あらゆる場面で求められます。そこで本書では、「商品開発の未来」「生産の未来」「販売の未来」「顧客の未来」「ライバルの未来」という、ビジネス(商売)の各段階でよく求められる予測のシーンを想定し、確率・統計、微分・積分を応用して、「本当に信じるに値する予測」を行う技術を解説します。

【この本の内容(一部)】
●予言は結果がすべて、予測はやり方がすべて
●まわりの人がぐうの音も出ない予測のやり方
●計算はエクセルがやってくれる
●5つのビジネスプロセスと3つのアプローチ
●確率アプローチは出来事に着目
●百三つで、1つもヒットが出ないことは「普通はない」
●下手な鉄砲でも数撃ちゃ当たるのか?
●期待値は未来の値
●まだ出店していないレストランの未来を読む
●線だけでなく式もエクセルに頼む
●商品ライフサイクルカーブを微分する
●ベイズさんが考えた確率
●何が工数に影響を与えるのか
●「いくつ作るか」に積分アプローチ
●検定という必殺技で相手を説得
●予算はノルマでなく予測
●限界利益は利益を微分すること
●レジをもう1台あけるとどうなるか
●ポテンシャルパイを重回帰する
●ライバルの打つ手を読む

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2017)

●著者紹介
内山力(うちやま つとむ)
1955年、東京都生まれ。1979年、東京工業大学理学部情報科学科にてトポロジー(位相数学)を専攻。卒業後、日本ビジネスコンサルタント(現日立システムズ)入社。その後、退職してビジネスコンサルタントとして独立。現在、株式会社MCシステム研究所代表取締役。中小企業診断士、システム監査技術者、特種情報処理技術者。

Bibliographic information