ヴァリニャーノとキリシタン宗門

Front Cover
朝文社, 2008 - Japan - 258 pages
信長・秀吉・家康三代にわたる日本の歴史上もっとも波乱にとみ、かつロマンのある時代天正遣欧使節の派遣や、ローマ法王への謁見を企てたヴァリニャーノ。彼こそが、日本キリシタン史上最も大いなる活動をした人物である。その人物、業績を日欧交渉史の泰斗である松田毅一が書きあげた渾身の一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information