カンタヴィルの幽霊/スフィンクス

Front Cover
光文社, 2015 - 313 pages
結婚を控え、手相占いに翻弄される「アーサー・サヴィル卿の犯罪」。生真面目で頑張り屋の幽霊が棲みつくお屋敷をアメリカ公使一家が買って一騒動「カンタヴィルの幽霊」...。長詩「スフィンクス」ほか短篇4作に、出獄したワイルドを迎えた親友の女性作家エイダの「回想」を含む佳作を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information