占領下の映画: 解放と検閲

Front Cover
岩本憲児
森話社, 2009 - Japan - 336 pages
敗戦によって、それまでの制約から解放された日本映画は、どこに向かい、何を表現しようとしたのか。GHQの占領政策のもと、映画人たちが直面した課題と達成を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information