現場で使える!Python自然言語処理入門

Front Cover
翔泳社, Jan 20, 2020 - 368 pages
第一線のAIエンジニアによる
実プロジェクトの経験に裏打ちされた
「自然言語処理」のツボをここに集約!

【本書の目的】
本書は、Pythonを利用して、人工知能分野で注目されている
自然言語の分析手法を解説した書籍です。
従来技術と新技術を比較しつつ、
「インデックス化」「エンティティ抽出」「関係抽出」
「構文解析」「評価・感情・概念分析」を網羅。

Pythonによるプログラムや、APIの利用、
商用サービス(IBM Watson)や
OSS(Mecab/Elasticsearch/Word2Vec)の利用など、
実践的な手法を解説します。
また最終章で話題のBERTについて解説します。

【本書の特徴】
本書は全体で5章構成になっています。
第1章:テキスト分析の概要をユーザ―目線、エンジニア目線の両方から丁寧に解説します。
第2章:テキスト分析のタスクを上げ、実際の分析までの具体的な方法を解説します。
第3章:AIの発達する前から利用されていたテキスト分析の手法について
MecabやElasticsearchといったOSSを利用して解説します。
第4章:IBM社のWatson APIのAI技術を利用したテキスト分析手法を解説します。
第5章:Word2VecというOSSを利用した分析手法や、話題のBERTについて解説します。

【対象読者】
自然言語処理を学びたい理工学生・エンジニア

【著者プロフィール】
赤石雅典(あかいし・まさのり)
1987年日本アイ・ビー・エムに入社。東京基礎研究所で数式処理システムの研究開発に従事する。
1993年にSE部門に異動し、主にオープン系システムのインフラ設計・構築を担当。
2013年よりスマーターシティ事業、2016年8月にワトソン事業部に異動し、今に至る。
現在は、Watson Studio / Watson OpenScaleなどデータサイエンス系製品の提案活動が主体

江澤美保(えざわ・みほ)
株式会社クレスコ。企業向けWebポータル製品の開発、大規模事務管理の海外移管プロジェクト、
決済サービスのフィールドエンジニア等を経て先端技術の法人営業に転向。
2015 年よりIBM Watsonに携わり、経営層へのWatson導入提案を多く経験。
現在は企業のAI導入支援を手掛けるAIコンサルタント・エンジニアとして活動中。
2019年よりIBM Champion。


 

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information