天河伝説殺人事件(上)

Front Cover
角川書店, 1990 - Literary Collections - 272 pages
能の水上流の後継者と目されていた和鷹の急死に続き、宗家和憲も謎の死を......。一方、大阪へ行くと言っていたサラリーマン川島は東京で何者かに殺された。その後、川島が持っていた天河神社のお守りである「五十鈴」は和憲の物であることが判明した。川島と水上家のつながりは? 禁断の「雨降らしの面」が意味するものは? 水上家に隠された暗い秘密。事件はいよいよ最後の舞台・天川へ――。名キャラクター浅見光彦の新たな挑戦が始まる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (1990)

内田 康夫

Bibliographic information