アメリカ経済論入門

Front Cover
晃洋書房, 2018 - 196 pages
アメリカの産業・企業の構造、財政・金融システムの現状と政策の役割をミクロ・マクロ経済学の概念から解説するとともに、所得格差、地域発展・都市化、グローバル化の諸問題など応用的トピックスまで網羅した入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information