公共哲学とはなんだろう: 民主主義と市場の新しい見方

Front Cover
勁草書房, 2016 - 336 pages
公共性の危機に直面してあらためて「あるべき民主主義と市場」を問う。いかにして他者と協力し信頼しあう秩序を築くか。モラルサイエンスの一貫した視点で、公共哲学を切り拓くひとつの試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information