埴谷雄高: 夢みるカント

Front Cover
講談社, 2010 - 298 pages
『死霊』の作者の思考を、この国の近代が生んだ、ある特異なかたちでの哲学的思考のひとつとして問題としてゆくこころみ。埴谷雄高の思考、わけても『死霊』のそれを、カントの思考とのかかわりをときに意識しながら読みといてゆく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information