なぜダムはいらないのか

Front Cover
緑風出版, 2003 - 269 pages
万一の洪水や渇水から住民を守るため、電力や農業のためといった理由で次つぎと建設されるダム...。しかし建設のための建設、土建業者のための建設といったダムがあまりに多い。地域住民が反対するダム建設はほとんどがそうした代物だ。本書は、脱ダム宣言をした田中康夫長野県知事に請われ「長野県治水・利水ダム等検討委員会」委員などを務め、住民の立場からダム政策を批判してきた研究者による、渾身の労作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information