パリスの審判: 美と欲望のアルケオロジー

Front Cover
ありな書房, 1998 - 374 pages
本書は古代石棺浮彫りからラファエッロ、クラナハ、カラッチ、ルーベンスを経てマネのタブローに至る「美」という芸術的概念のパレルゴンを解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information