高畠通敏集, Volume 4

Front Cover
岩波書店, 2009 - Japan - 356 pages
自民党から民主党への政権交替によって、日本政治は大きな転換の時を迎えた。本巻は、一九九三年に非自民の細川連立内閣が成立してから小泉内閣が自民党を復権させるまでの「失われた十年」間の政治分析を集成。高畠がなお市民政治の可能性を探り続けたこの時期の意味を問い直し、私たちが今後進むべき道を考える手掛かりとしたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information