世紀転換期のイギリス帝国

Front Cover
木村和男
ミネルヴァ書房, 2004 - Great Britain - 367 pages
「パクス・ブリタニカ」の絶頂とされる20世紀への転換期を扱う本書では、「世界の工場」から「世界の銀行」へという本国側での周知のテーゼだけでなく、伝統的な帝国支配に抵抗する植民地側、とりわけ南アフリカ、オーストラリア、インド、アイルランドなどでのナショナリズムの成長の動向を探る。「本国から帝国へ」の規定性と、「帝国から本国へ」のそれとを対置することで、世紀転換期を「帝国=コモンウェルス体制」を生みだすダイナミックな過渡期としてとらえることができよう。帝国の絶頂とは、発展要因と没落要因とのせめぎ合いが、逆転寸前にまで立ち至った状態に他ならず、双方の要因を、外交、日英同盟、ミッションなども含めた広い視野から描きだす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information