吉野ヶ里遺跡: 保存と活用への道

Front Cover
吉川弘文館, 1997 - Cultural property - 227 pages
考古学史上未曾有の遺跡として注目をあびる吉野ケ里は、国・県一体となった歴史公園の整備が進んでいる。最先端の文化財保存活用計画の行政担当者が、古代遺跡の復元と地域活性化の問題から新しい遺跡整備の道を示す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information