15歳の東京大空襲

Front Cover
筑摩書房, 2010 - Tokyo (Japan) - 191 pages
昭和十六年、東京下町の向島。いまや少年少女も戦士となり、すべてが戦争にくみこまれる激動の日々が幕をあけた。本書は、戦時下に必死に生きた一少年が、何を考え、喜び、悲しみ、どう生きぬいたかの物語である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information