暴力の哲学

Front Cover
河出書房新社, 2016 - Government, Resistance to - 272 pages
暴力は生と政治にどうかかわるのか。ファノン、アレント、ベンヤミンなどの暴力論とガンディー、ブラック・パンサーなどの実践を総括するなから暴力と非暴力を根底から考察し、それらをこえる反暴力をラディカルに構想する名著をアップデートして復活。この時代の新たな戦争/暴力に向かうための激烈なる思考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information