集団自決: 棄てられた満州開拓民

Front Cover
岩波書店, Mar 17, 2000 - Agricultural colonies - 277 pages
敗戦後の満州で一般人の死亡20万人、開拓関係者9万人。うち1万人は指導者が根こそぎ召集されたため「集団自決」に追い込まれた婦女子・年寄りたちだった。家族を失った人、自決を介錯した人それぞれの戦後の歩みをたどり、他国を侵略し、かつ自国民を「棄てた」この国の軍隊、政治とは何だったのかを問う。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information