図説科学で読むイスラム文化

Front Cover
青土社, 2000 - 288 pages
イスラム、絢爛たる知のアラベスク。古代ギリシャとルネサンスをつなぐ懸橋となり、近代西欧科学の発展に決定的影響を与えた中世イスラム文化。数学、地理学、医学から天文学、錬金術、宇宙論まで、厳格なるイスラム教義との拮抗と融和を経て達成された驚異の文化的偉業のすべてを、豊富な図版をもとに解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information