世界の大学危機: 新しい大学像を求めて

Front Cover
中央公論新社, 2004 - Education, Higher - 238 pages
大学が危機に直面しているのは日本だけではない。先進国の大学は、第二次大戦後に拡張政策をとったために、それぞれ構造的な問題が生じている。古典的な高等教育を維持しようとするイギリス、平等な公立大学の限界から脱出しようとするドイツ、大学以外の高等教育機関との調整に苦慮するフランス、そして、大学院化が一層進むアメリカ。それぞれに事情の異なる各国の対処法から日本の大学が学ぶべきことは何か。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information