Front Cover
彩流社, 2005 - 269 pages
「湖」を舞台に、宗教への疑問から、自然と人間の合一を目指し、書簡の使用、シンボルの配列、意識の流れなど、あらゆる文学的手法を駆使した先駆的作品。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information