小森陽一、ニホン語に出会う

Front Cover
大修館書店, 2000 - Critics - 218 pages
ミナサン、ミナサンハ、僕ノニホン語ノ何ガオカシイノデショウカ?帰国子女、コモリ君は文章語で話すおかしな小学生。ニホン社会の異分子として日本語に出会い、格闘し、教える側にまわるまで、近代文学研究の論客、小森陽一の日本語とのタタカイの記録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information