世界文学を読みほどく: スタンダールからピンチョンまで

Front Cover
新潮社, Jan 15, 2005 - Fiction - 455 pages
私たちは、物語や小説によって、自分たちのいる世界を表現し、同時にそのありかたを掴んできた。では、小説とは何か。世界はどう私たちを取り囲んでいるのか。小説と世界は、どのように影響しあい変遷し、その結果どこに達したのか。稀代の読み手であり、誠実な発信を続けてきた作家が、21世紀の今に生きる人々に向けて語る、文学観・世界観の集成。京大講義録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information