日本中世の村落・女性・社会

Front Cover
吉川弘文館, 2011 - Japan - 331 pages
室町期から戦国期、村落の人びとや女性はどのように生きたのか。幕府の政策と在地社会の関係、出産や看護、豊臣政権の人質政策などを検討。ジェンダーの視点とともに生活や慣行という社会的視点も交え、総合的に論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information