名もなき毒

Front Cover
どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。

From inside the book

What people are saying - Write a review

Review: 名もなき毒 (文春文庫)

User Review  - 0825g - Booklog

2014.09.05 Read full review

Review: 名もなき毒 (文春文庫)

User Review  - bosatsu48 - Booklog

2013/08/06 Read full review

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information