国際比較・近代ドイツの市民: 心性・文化・政治

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2000 - 450 pages
近代における市民と市民社会とはなにか、市民はどんな心性をもち、どんな文化に生き、どんな行動様式を取ったのか、ドイツの市民と市民社会の特殊性とはなにか、これは80年代初頭以来の「ドイツ特有の道」論争における問いであった。この問いに、全ヨーロッパ的比較の方法をもって、ユルゲン・コッカをリーダーとする学際的共同研究が応答する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information