イタリアの小さな工房めぐり

Front Cover
新潮社, 2015 - 127 pages
手縫いの靴、ハープ、手編みレース、マーブル紙、額縁、ムラーノグラス、製本、彫金レリーフ、自転車...イタリア職人が作ると「世界の一級品」になり、一度使えば誰もがとりこになります。時流になびかず、古い物を大事に使い続けるこの国の美意識が生み出す品には、永遠の輝きがあるから。工房の扉の奥で父から子へ、師から弟子へと伝えられる技と伝統、人を愛し人生を謳歌する豊かな生き方。イタリアに惚れ込んで20年、古都シエナに暮らすルポライターが徹底案内します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information