白銀(しろがね)の墟玄(くろ)の月: 第4巻, Volume 4

Front Cover
新潮社, 2019 - Japanese fiction - 447 pages
「助けてやれず、済まない...」男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。地の底で手にした沙包の鈴が助けになるとは。天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒は数奇な運命を生き、李斎もまた、汚名を着せられ追われた。それでも驍宗の無事を信じたのは、民に安寧が訪れるよう、あの豺虎を玉座から追い落とすため。―戴国の命運は、終焉か開幕か!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information