漱石の記号学

Front Cover
講談社, Apr 10, 1999 - 254 pages
明治という時代。激変する社会にあって、「次男坊」や「主婦」は、いかなる存在だったのか?また「神経衰弱」という病はどんな意味を持ちえたのか?小説中の、一見小さな事柄を「文化記号」としてとらえたとき、代助、三千代ら揺れ動く人びとの「生」は、鮮やかにその姿を現す。漱石の豊饒なテクストを横断して示す、犀利な「読みの方法」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information