黄金旅風

Front Cover
小学館, Apr 1, 2004 - 485 pages
江戸初期、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたその二人は、やがて、権力に蹂躙される長崎の人々の、光り輝く守護神となった。海神に愛でられし者たちの熱き奔流のような生涯。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information