フランスの政治制度

Front Cover
東信堂, 2006 - 192 pages
現代の国際政治の場で、米英等と一線を画し際だった存在感を発揮し続けるフランス―その独自性の根底にある政治制度の全貌を、米国追随等、その主体性の欠如が批判される日本の現状を視野に、簡潔的確に論述し、比較的紹介されることの少なかった従来の渇を癒やす格好の入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information