クライスト全集 1: 小説・逸話・評論・その他, Volume 1

Front Cover
沖積舎, 1998 - 810 pages
ゲーテ、シラーと同時代、この二人の巨匠の栄光の蔭で世間から正当な評価を受けず、かえって時代を突き抜ける透徹した洞察に到ったドイツの天才劇作家、初の個人訳全集全三巻。十九世紀初頭、ロマン派とは一線を画した珠玉の小説篇と人世に対する透徹した洞察力をうかがわせる『マリオネット劇場』、人間心理の機微を鋭く衝いた『思考を練りながら考えること』などやその他興味ある評論を日本初紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information