絵画で綴る哲学と倫理学: 西洋思想のイコノロジー

Front Cover
晃洋書房, Jul 30, 2009 - 186 pages
それではソクラテスは何も欲しがらなかったのか?彼が欲しがっていたものは唯一つ、それが「知」だった。その営みこそが哲学。画期的図像解釈学。難解といわれる哲学の諸理論・諸思想を簡潔明瞭な筆致で、手際よく説明し記述している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information