特急「有明」殺人事件

Front Cover
祥伝社, 2006 - 264 pages
有明海の三角湾に、著名な風景画家大田垣信也の水死体が上がった。転落死の可能性から一転、自他殺の線が浮上するや、警視庁の十津川警部と亀井刑事が捜査に乗り出した。やがて、大田垣の作風とは異質な美人画に注目した十津川が、絵のモデルの正体を探るうち、彼の画家仲間にも悲劇が!鉄壁のアリバイ、時刻表の見えない糸を解きほぐす傑作トラベルミステリー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information