自然保護の夜明け: デイヴィド・ソローからレイチェル・カーソンへ

Front Cover
新思索社, Feb 28, 2006 - 424 pages
自然の美しさと不思議さを描いて、自然保護運動の大きな原動力となった。幾多の自然作家たち―その百年にわたる歴史を、レイチェル・カーソンと深い親交を結んだ著者が、生き生きと明快に語りつくす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information