ロートマンの文化記号論入門: 言語・文学・認知

Front Cover
而立書房, 2005 - 220 pages
世界的に知られたタルトゥーモスクワ学派の文化記号論の重鎮ロートマンの業績を広くかつ深く分析した、初心者にはやさしく、専門家には見のがすことのできない良書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information