フィレンツェ史, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2012 - 536 pages
『君主論』で名高いマキァヴェッリ(1469‐1527)が晩年に書いた歴史書。古代ローマ時代のフィレンツェの起源から1492年の大ロレンツォ・デ・メディチの死までが扱われる。各種年代記や歴史叙述等の史料を駆使し、ときにそれらに大胆かつ自由奔放な創作の手を加えて、彼一流の精彩に富む歴史像を作り上げた。新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information