在日音楽の100年

Front Cover
青土社, 2009 - Koreans - 398 pages
戦前興行界を湧かせた幻の女性歌手・演芸人、〓(ぺ)龜子。戦後ジャズブームに頭角を現し、日韓をまたいで活躍した吉屋潤の栄光と挫折。そして今日までの歌謡曲・フォーク等の歴史を彩る二世、三世、四世たち。彼らの背負ったものと勝ち得たもの、そして未来とは―。「失郷民」のうたの知られざる消息を掘り下げ、あらたな「在日」文化の可能性を展望する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information