微分と積分

Front Cover
培風館, 2004 - 149 pages
大学初年級の学生を対象に、微分積分学の基礎を解説した教科書である。簡潔な表現を心がけて、直感的なわかりやすい記述をめざしている。また、新しいカリキュラムに適応するように、内容を1変数と多変数に分けるのではなく、「微分」と「偏微分」を順に解説したものを微分とし、積分については「積分」と「重積分」を順に並べたものを一まとめにして扱った。内容の把握がしやすいように多くの小見出しをつけ、2色刷によりポイントが一目でわかるように工夫している。例、例題、図をできるだけ多く挿入し、内容の理解とともに計算力が見につく手助けとなるようにしている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information