古代社会の崩壊

Front Cover
鈴木博之, 石山修武, 伊藤毅
東京大学出版会, 2005 - Architecture - 392 pages
古代後期から中世へ。社会的変容は、「建築・都市」の空間と技術にいかなる古代的要素の終焉と中世的要素の萌芽をもたらしたのか。「建築・都市」から歴史を読み直す、待望のシリーズ第2弾。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information