ピエール・ルジャンドル: 「父」を論じる

Front Cover
人文書院, 1998 - 310 pages
政府を殺そうとした男、ロルティ。その狂気の犯罪の分析から西欧規範システムの根幹(法、系譜原理など)を明かすとともに、西欧それ自体を徹底的に相対化する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

References to this book

Bibliographic information